注目キーワード
  1. #IU
  2. #아이유
  3. #NCT
  4. #RIIZE
  5. #라이즈

NCT127 ソウルコンが熱狂とともに閉幕「僕たちと同じ道を歩んでくれて感謝」<現場フォトたくさん>

NCT

満員の客席に浮かぶメッセージ。

「一生あなたたちを応援してきます。そうしよう!」

「私たちが初めて会ったこの場所で、お互いの気持ちは変わらず永遠に」

そして観客席全体でのカードセクション。

「シズニの自負心 ウリチル(NCT 127の愛称)」

 

 

NCT 127が3回目のツアーとなるソウル単独コンサートを成功裏に終えた。11月17日から19日、24日から26日まで、合計6回にわたりソウルオリンピック公園KSPOドームで開催された「NEO CITY: SEOUL – THE UNITY」。NCT 127の“NEO”な音楽カラーと圧倒的なパフォーマンス、独自のエネルギー、華やかな演出が融合したスペクタクルな公演を披露した。

 

今回の公演は特にNCT 127の新しいツアーの始まりを告げる場として、6回公演すべてで視野が制限される席まで完売し、合計6万人の観客を動員。最終日はグローバルプラットフォーム「Beyond LIVE」と「Weverse」を通じて生中継され、全世界のファンも一緒に公演を楽しんだ。

 

NCT 127は今回の公演で以下のような楽曲を通じ歌唱力、爽やかでエネルギッシュな魅力など、幅広いスペクトルを披露している。

「Fire Truck」「Simon Says」「Superhuman」「Punch」「Ay-Yo」などのヒット曲。

「英雄; Kick It」「疾走 (2 Baddies)」「Fact Check」。強烈なサウンドにメンバーたちの完璧なダンス、ファンたちも客席から立ち上がり会場が飛び立つかのような大合唱で会場が一体となる風景を演出した。

「無重力(Space)」「Parade」「Love is a beauty」「Angel Eyes」。10月に発表された5thアルバムの収録曲。

「夕立(Misty)」「Magic Carpet Ride」。ボーカルに集中できる楽曲。

「DJ」「Day Dream」「昼寝 (Pandora’s Box)」などファンと呼吸を合わせる曲。

「Cherry Bomb」「Chain」のマッシュアップステージ。

オーケストラバージョン「Favorite」

夢幻的な感覚が増した「蜃気楼 (Fly Away With Me)」

 

また、この公演では幅60メートル、高さ14メートルの超大型LEDスクリーンと三角形のステージデザインが壮大なスケール感を生み出した。ダイヤモンド形のリフトステージ、幻想的な演出が可能なプロジェクションマッピングと半透明スクリーンを活用したバラードセクションの演出、楽曲の世界観への没入を高めるさまざまなVCR、雰囲気に応じて演出されるレーザーと照明、花火など華やかで豊かな見どころも次々と展開された。

 

熱狂の6回公演の終演が近づく頃、NCT127のメンバーは感想をこう口にした。

 

「2週間の長い旅が終わり、この公演を通じて多くのことを学びました。6回の公演すべてで客席を輝かせてくれてありがとう。僕たちは常に音楽とステージに真剣で、ずっと前進してきましたが、今回の公演を通じて歌手として喜びを再び感じましたし、NCT 127であることに誇りを持ちました。シズニ(NCT127 ファンの総称)が僕たちと同じ道を歩んでくれて感謝していますし、これからも一緒に歩いてほしいです。皆さんがいるから僕たちが存在します。いつも感謝してますし、愛しています」

 

サプライズ的な12月22日の「冬のスペシャルアルバムのリリース発表」もあった今回のソウル公演。最後の曲「再び会う日」で次の公演を約束しつつ、幕を下ろした。

 

写真提供=すべてSM entertainment

>韓国トレンド研究所 by 吉崎エイジーニョ

韓国トレンド研究所 by 吉崎エイジーニョ

韓国トレンド研究所からの新提案。韓国エンタメ・美容・フード・旅行情報+その背景にあるトレンド分析。ちょっと深掘りしながら韓国のリアルを感じる。日本のMZ世代の日常に新たな発見を。

CTR IMG