きょうのNCT 「韓国発祥のブランドで自国らしさを表現!?」=M Countdown出演動画

NCT
NCT127がアルバム「Fact Check」(タイトル曲も同名)でカムバックを果たした。
連日、韓国の音楽番組でのパフォーマンス動画がアップされていく。
12日には「M Countdown」に出演した。
この際の動画のちょっとした見どころを。
12日の「Fact Check」での出演時に着用した衣装は、ティーザーや公式MVで使用された衣装と同じものだった。
ファッションジャーナリストのNono氏はこう語る。
「今回のスタイリストは、キム・ヨンジン(instagram:@kimvency)氏です。NCTの過去のアルバムregular,ay‐yo,2baddies,baggy jeansのほか、BTS、ジョングクのソロ「Seven」のスタイリングなどの担当歴があります。また、SUGAが表紙となった「VOGUE JAPAN」8月号など雑誌のスタイリングも多く担当しています」
キム・ヨンジン氏の今回の衣装のチョイスには、ある狙いがあるようにも見えると言う。
「『Fact Check』の景福宮で撮影されたティーザー・MVにはすべてソウル発のブランドを使用していますね。古代韓国の伝統衣装、韓服や甲冑を再解釈してデザインされた「SONGZIO」の24SS(2024年の春夏コレクション)。『ソウルの神』もコンセプトのひとつとなっている今回のアルバム。この衣装は韓服イメージのプレタポルテ(高級既製服)とも取れ、今回のコンセプトにぴったり合っていると思います」
ファッションジャーナリストのNono氏はまた、今回のアルバムの別の収録曲にもある発見があるという。
「今収録曲『angel eyes』のトラックビデオにもソウルのブランド『ADER ERROR』が使われてました。キム・ヨンジン氏のスタイリングは韓国のブランドが多いようです」
NCT127は13日にはKBS2TV「ミュージックバンク」に出演する。どんな姿を見せるだろうか。
【記事中情報の参考リンク】

>韓国トレンド研究所 by 吉崎エイジーニョ

韓国トレンド研究所 by 吉崎エイジーニョ

韓国トレンド研究所からの新提案。韓国エンタメ・美容・フード・旅行情報+その背景にあるトレンド分析。ちょっと深掘りしながら韓国のリアルを感じる。日本のMZ世代の日常に新たな発見を。

CTR IMG