【全文】BTSのホワイトハウス会見 発言内容の日本語訳(テキストのみ)

日本時間の5月31日夜、BTSが米バイデン大統領と面会。その後にホワイトハウスで会見を行った。内容全文を日本語訳し、テキストのみで紹介する。
冒頭:ホワイトハウスのカリーヌ・ジャン=ピエール報道官による冒頭発言
グローバルK-POPセンセーションであるBTSがホワイトハウスの記者会見会場を訪れました。多くの方がBTSについて、グラミー賞候補となった国際的なアイコンとしてご存知だろうと思いますが、BTSは「青少年広報大使」としても重要な役割を果たしています。
RM(英語にて) Thak you Karine, for your kind Words. こんにちは。私たちはBTSです。このようにホワイトハウスで反アジア系憎悪犯罪とアジア系の包容、多様性という重要な主題を議論するために招待していただき大変光栄です。
 以下メンバーは韓国語でメッセージを伝えた。
JIN 特に今日はAANHPI(アジア系米国人、ハワイ原住民、太平洋諸島住民の遺産の月)の最後の日です(5月31日)。私たちはAANHPIのコミュニティーと思いを共にし、これを記念するために今日ホワイトハウスに来ました。
ジミン 最近、アジア系を対象とした多くの憎悪犯罪に非常に驚き、心が穏やかではありません。このことの根絶にあたり、少しでも助けになろうと今日、この場を借りて声を上げようと思います。
 J-HOPE きょう、私たちがこの場にいられることは、私達の音楽を愛してくださる多様な国籍、言語、文化を持つARMYの皆さんがいらしてこそ可能だったと考えています。本当に感謝いたします。
ジョングク 韓国人の音楽がお互い違う言語と文化を超え、全世界で多くの方に届いているという点をいまでも不思議に思っています。これらすべてのことを繋いでくれる音楽というものは、本当に素晴らしい媒体ではないかと思います。
SUGA ”私と違うこと”は間違いではありません。正しい正しくない、ではなく、違いを認めることから平等は始まると考えます。
V 私たちはすべてが各自の歴史を持っています。今日という日が一人ひとりが意味のある存在としてお互いを尊重し、理解するためのまたひとつの歩みになることを願っています。
 最後に再びRMが登場。英語でスピーチを締めた。
 RM 重要な問題に対して共に話をし、僕たちががアーティストとして何が出来るのか考える機会をくださったホワイトハウスとバイデン大統領に感謝します。
 (了/日本語訳は筆者による)
最新情報をチェックしよう!
>韓国社会トレンド研究所 by 吉崎エイジーニョ

韓国社会トレンド研究所 by 吉崎エイジーニョ

ありそうでなかった韓国のトレンド研究。「韓国っぽ」のルーツに何がある? 韓国の人たちはどう暮らしているの? トレンド、食べ物、社会、スポーツ、エンタメなどを大研究。類似の国には日本にとっても気になる未来がある!

CTR IMG